ブックメーカーが世界一熱い国 イギリス

ラグビーを筆頭にブックメーカーの本場イギリス発祥のスポーツは多数

ラン

ブックメーカーが世界で最も流行っている国イギリスは、多くのスポーツが誕生した国であります。また、近隣の国で誕生したスポーツのルールを現代のように作った国としても知られています。
そのような理由から、スポーツとの相性がよく、予想をするブックメーカーが急激に流行った要因の1つでしょう。

紳士のスポーツゴルフはイギリスでツールが作られて、現在のスポーツになりました。日本で注目されているカーリングも同様です。
テニスやポロ、卓球などはイギリスで誕生したスポーツです。

日本でもワールドカップでブームになったラグビーですが、このスポーツもまたイギリスの大学で誕生しました。最初から現在のようなルールだったわけではありませんが、徐々にルールが整備され、現代のようになったと言われています。
当初は試合ごとにキャプテンが話し合いをし、ルールを決めていたそうです。

イギリスや隣国のウエールズやスコットランドでのラグビー人気は高く、強豪国です。
ブックメーカーのオッズメニューはとても多く、メジャーリーグと同数ほどあります。年間では試合数の関係からメジャーリーグの方が多く賭けられるかもしれませんが、1試合単位でのベット数では、ラグビーも引けを取りません。

キック

プレーが1回ごとに止まり、フォーメーションがしっかりしているので、ライブベッティングで盛り上がるのがラグビーです。多くのブックメーカーがラグビーのライブベッティングを用意しているので、一度見てみると面白いでしょう。
スマートフォンでもいいのですが、より楽しむためには、パソコンでライブベッティングをやった方がいいでしょう。

ラグビーは大きく分けて、「ラグビーユニオン」と「ラグビーリーグ」の2つのリーグがあるのですが、大手のブックメーカーであれば、どちらにもオッズがあります。
どちらのチームが最初にトライを決めるか?ドライか?ドロップゴールか?それともPKなのかと、多種類のオッズがあるのでおすすめです。
勝敗予想だけではなく、様々な楽しみ方があります。