ブックメーカーが世界一熱い国 イギリス

ブックメーカーの期待値

勝つために

ブックメーカーを上手く利用したいと考えている場合は、事前に期待値に関する特徴などをしっかりと頭の中に入れて覚えておくことが重要です。

期待値とは見込みされる利益のことを指している言葉であり、何度か賭けをした場合にどのくらいプラスとなるのかあるいはマイナスになってしまうのかということを把握するために用いられます。勝率やオッズなどをもとにして、どれくらい損益が発生するのかというものを期待値として表していきます。算出された期待値を参考にして、利益が生まれるように工夫していくことが大事です。

計算をする場合は、オッズや勝った回数、掛金や負けた回数から計算していきます。仮に100回ベットをして10,000円の賭け金を使った際の勝率が83%で平均のオッズが1.35の場合は、120,500という値になります。このような値が出ていれば、このまま継続していても利益を生み出していくことが可能です。
100回挑戦したときは、125,000円の収益を見込むことができると予想することができます。先ほどの勝率を83%から70%に変更してみた場合、逆に55,000円のマイナスとなり損をしてしまうことが予想されます。

ブックメーカーで上手く結果を出すことができていないという場合は、この値を活用してもう一度やり方を見直してみると良いです。ベット数が10回や20回などといった少ない数では正しいデーターを得ることができないため、ブックメーカーで成功させたい場合は最低でも100回程度は試してみることが大切です。